株式会社 三木山田清掃 
Copyright - mikiyamadaseiso co, ltd All Rights Reserved

 

食中毒・感染症事件・事故防止の為にも貯水槽の清掃を行いましょう!

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」においても、貯水槽の清掃は1年に1回以上、定期的に行うことになっています。また、同法の適用を受けない建物についても、定期的な点検・清掃に努めなければならないとなっています。



作 業  概 要


高架水槽(高置水槽)です。屋上に設置されており、直射日光にさらされますので、藻が繁殖しやすい環境にあります。また防虫網に穴が開いていると、鳥や虫が侵入する危険性もあります。


ボールタップ等定水位弁の動作確認も清掃作業時に行います。動作不良は漏水事故、断水事故にもつながります。数年おきに交換も必要です。

FRP製受水槽壁面の様子です。水面付近には水アカがビッシリと付着しています。これでは雑菌や藻が繁殖する原因となってしまいます。

清掃作業中の写真です。洗浄液を染み込ませたスポンジで丁寧にこすると、はっきりと汚れが落ちているのがわかります。


高圧洗浄の様子です。水アカやサビ・砂などの堆積・付着物を高圧消毒水によりきれいに洗浄していきます。


清掃作業後です。水アカを落とすだけでなく、電極棒(受水槽内の水量を制御する棒)のチェックも忘れずに行います。動作不良は断水・漏水事故につながります。