株式会社 三木山田清掃 
Copyright - mikiyamadaseiso co, ltd All Rights Reserved

 

農業集落排水(下水道)事業
宅内排水設備工事のお願い!!



下水道が使えるようになると、町は下水道法により「供用開始年月日」と「排水区域」等の公告をします。排水区域内の各家庭は、供用開始がなされたら「遅滞なく(1年以内に)」排水設備の設置をしなけらばなりません(下水道法10条)
なお、既設のし尿浄化槽(単独浄化槽)、合併処理浄化槽がある場合が廃止してください。(浄化槽の廃止等には届け出が必要です)
また、供用開始の日から「3年以内」にくみ取り便所は水洗トイレに改造し、直接、流すようにしなけらばなりません。(下水道法第11条3)

水洗トイレの改造や家まわりの排水管・汚水ますなどの排水設備工事は、必ず町の指定工事店でなけらば施工できません。工事店には、設計・施工管理に一定の技術をもった責任技術者がおり、みなさんが安心して工事の依頼ができる要件を満たすものとして町が指定したものです。

◇下水道接続工事
(高松市指定工事店 第322号)
(香川町指定工事店02香川(指) 第82号)
(さぬき市・長尾指定工事店 第143号)
(香南町指定工事店 第85号)


◇三木町農業集落排水事業
宅内排水設備指定工事店 第2号

地域の皆様には、いつもお世話になっています。
  さて、三木町井上北部地区において農業集落排水設備施設が、平成14年8月より供用開始されています。本管は、埋設されておりますが、宅内配管は、施主様の負担で工事をしなければなりません。
  配管工事は三木町の指定工事店に依頼し三木町へ申請をし、受理・確認されたのち工事着手になります。(株)三木山田清掃は、三木町指定工事店(第2号)になっております。宅内配管工事の申請手続等は、当社にお任せ下さい。施工後の(つまり・トラブル等)メンテナンスも、当社は大変充実しております。又、見積りは無料でさせていただきます。

【農業集落排水事業宅内排水設備工事の手順

@ 排水設備工事を実施するには、指定工事店を決め、直接工事の申込みをします。
町がしていした「三木町農業集落排水事業宅内排水設備指定工事店」以外では出来ないことになっています。指定工事店が、現地調査・設計・見積りを行います。施行方法の打合せを行ってください。

A 「農業集落排水処理施設の使用に関する申請書」を町に提出します。
必要な図面等を添付して下さい。

B 町では申請書をもとに排水設備の構造が適切かどうか審査後に工事の許可をします。
適正であると認められると「農業集落排水事業宅内排水設備新設等確認通知書」が交付されますので、その後、工事に着手してください。事前着手はしないでください。

C 指定工事店は、工事に着手します。

D 工事が完了したら町に完了届を提出します。
工事依頼者は、工事完了後10以内に「農業集落排水設備工事完了届兼工事検査申請書」を提出してください。

E 町は、「農業集落排水事業宅内排水設備工事完了届兼工事検査申請書」により検査を行います。
排水設備新設等確認書どおり行われたかどうかを検査します。検査が終了したら「農業集落排水事業宅内排水設備新設等検査済証」を交付します。大切に保管して下さい。

F 町へ施設使用開始の届出を行った後、使用開始をして下さい。
検査終了後に「農業集落排水処理施設開始(休止・廃止)届」を提出します。
工事完了後1年以内に、天災地変または使用者が原因の場合以外に生じた故障等については、施行業者が無償で補修します。※当社につきましては7年間無償保障いたします。




見積もり・お問合せはこちらから